中性脂肪値の分布
あなたはどこに当てはまる?

中性脂肪値の分布<br>あなたはどこに当てはまる?

特定健診での中性脂肪値の分布

平成29年度(2017年度)に実施した特定健診(※)の検査項目「中性脂肪」の性別年齢階層別分布をグラフに起こしました(1)。150mg/dL以上の割合は男性で約28%、女性では約12%でした。年代別の分布は図をご参照ください(図1, 2)。

脂質代謝改善薬非使用の男性の中性脂肪値の分布(平成29年度の特定健診の結果より作図)

図1:脂質代謝改善薬非使用の男性の中性脂肪値の分布(平成29年度の特定健診の結果より作図)

 

脂質代謝改善薬非使用の女性の中性脂肪値の分布(平成29年度の特定健診の結果より作図)

図2:脂質代謝改善薬非使用の女性の中性脂肪値の分布(平成29年度の特定健診の結果より作図)

※:特定健診は日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のため、40歳から74歳を対象にメタボリックシンドロームに着目した健康診断です。ちなみに同年度の特定健診受診率は全国で約53%でした(2)

人間ドックでの中性脂肪値の分布

2014年度に人間ドックを受診した約146万人(20歳以上90歳未満)のデータによると(3)、脂質を下げる薬を飲んでない受診者のうち、中性脂肪値が150mg/dL以上の割合は男性の約25%、女性の約7%でした。

200mg/dL以上の割合に限定すると男性は約12%、女性は約2.4%が該当していました。

年代別は図の通りです(図3, 4)。

脂質代謝改善薬非使用の男性の中性脂肪値の分布(参考文献3の表21-2より作図)

図3:脂質代謝改善薬非使用の男性の中性脂肪値の分布(参考文献3の表21-2より作図)

 

脂質代謝改善薬非使用の女性の中性脂肪値の分布(参考文献3の表22-2より作図)

図4:脂質代謝改善薬非使用の女性の中性脂肪値の分布(参考文献3の表22-2より作図)

中性脂肪高値は
普通…ではなさそう

特定健診で見ても人間ドックで見ても「中性脂肪値が150mg/dL以上」はそんなに当たり前のことではなさそうです。200mg/dL以上に絞るともっと当たり前ではなさそうです。

中性脂肪値が高い状態を放置すると、動脈硬化や糖尿病を引き寄せる可能性があります。中性脂肪値が150を超えていたら、今から生活習慣を見直してみませんか。

<参考文献:外部サイト>

  1. (1)厚生労働省 「中性脂肪 都道府県別性年齢階級別分布」 第6回NDBオープンデータより 2021/12/06時点
  2. (2)厚生労働省 「特定健康診査・特定保健指導に関するデータ」 特定健康診査(対象者数・受診者数・実施率)平成29年度集計表より 2021/12/20時点
  3. (3)

    公益社団法人 日本人間ドック学会 プレスリリース資料 「2014年度の集積データ解析(その1)140万人の基本検査項目データについて」の表21-2と表22-2よりhttps://www.ningen-dock.jp/other/release 2021/12/20時点