中性脂肪高値は
あなたの身体を映す影

中性脂肪高値は<br>あなたの身体を映す影

この記事をシェア

中性脂肪は
採血した瞬間を反映する

中性脂肪は影絵のようなものです。
昨日食べたものから、直近1ヶ月の生活習慣、この1年間で変化した内臓脂肪量、何年もアルコールを分解してきた肝臓の調子、生まれた時から持っている体質まで、多くの要因が圧縮された値がその中性脂肪です。
だから、たとえ同じ値だったとしてもその裏に隠れる理由は採血する時期によって異なります。

●関連記事

中性脂肪の検査値が高くなる原因のまとめ

医師がわかるのは体の状態
生活習慣まではわからない

医師が検査をして診断できるのは、あなたの血液や肝臓、心臓、腎臓、遺伝子などの状態です。
検査の数値を見てもわからないのは、あなたの生活習慣。何を食べ、何時間眠り、どんな仕事をして、どれくらい体を動かしているのか? これはあなたにしかわからない情報です。
こうした情報を受診時に伝えることで、医師は生活習慣と検査数値を照らし合わせて、あなたに合った食事療法や運動方法をアドバイスしてくれるはずです。

中性脂肪は
未来のあなたの姿も映す?

中性脂肪は採血したときの生活習慣と、それによって影響された体の中の状態が反映された数値です。それは未来のあなたの姿を映す影絵とも言えます。
中性脂肪が高い方は、いまの生活習慣を続けていくと、どこかで他の生活習慣病を合併していく可能性があります。
いまは何の症状もないかもしれません。それでも受診を勧められたら、未来のあなたを助けると思って医師にご相談ください。

●関連記事

中性脂肪高値は“隠れた悪玉”の指標?

受診したくない人は
生活習慣の記録から

『中性脂肪が高くて受診を勧められたけど、医者に行くのはちょっと……』という方は、生活習慣の記録から始めてみませんか。
記録には便利なアプリがいろいろありますので、ぜひ関連記事をご参照ください。

●関連記事

中性脂肪を下げるためにはまず食事を記録すること